• ホーム
  • 心臓への負担を減らす生活で疾患予防

心臓への負担を減らす生活で疾患予防

電子血圧測定器

近年は様々な生活的要因や環境的要因などによって心臓への負担がとても高い生活を送っている人がとても多くいます。
その様な生活を続けていると心臓の疾患はもちろんの事脳の疾患など様々な疾患になることがあります。
そこで、近年推奨されているのが、心臓への負担を減らす生活を送ると言うことです。
具体的には、規則正しい生活すなわち三食きちんとバランスの取れた食事をして、適度な運動と適度な睡眠を取ると言うことです。
食事のバランスとしては年齢などによって個人差はあるものの、野菜と穀物と肉類をバランスよくなおかつカロリーも考えて食べることです。
また、適度に運動をし摂取したカロリーを効率よく消費することが大切であるとされています。
摂取したカロリーは適度に運動などによって消費しないと脂肪などとなって身体に蓄積されるために、消費しなければなりません。
そして、適度な睡眠とは人間の平均的な睡眠時間である6時間から7時間の睡眠が良いとされています。
睡眠はそれ以下でも以上でもどちらの場合においても健康に悪影響を与える可能性があるために疾患予防にはまず初めに心臓への負担を減らす生活を送ることが最も大切になってくると言われています。